バイオ実験機器

ドットカウンター(シャーレ専用)
【コロニーカウンター画像解析装置】
ドットカウンターは寒天シャーレの画像をCCDカメラで取り込んでコロニーの数を自動で測コンピューターにソフトウェアをインストールし、照明装置のCCDカメラの出力ケーブルをコンピューターのUSBに接続しカウントします。変異原性試験や阻止円測定、単層細胞濃度測定、食品検査などの用途に合わせたいろいろな研究用ソフトを揃えています。
メーカーコード007 分類コード024


[特長]
■カウント速度は1秒以内
■DOT1には標準で変異原処理ソフトが付属
■手動でカウントの追加・削除が可能
■特殊LEDリングライトでシャーレを均一に照射
■明視野と暗視野の2種類の測定が可能
■画像は1倍~16倍まで拡大可能
■使いやすいアプリケーションソフトが充実
■アプリケーションソフトはカスタマイズ可能
■画像は連続保存が可能

[仕様]
・カメラ:モノクロ130万画素CCDカメラ
・PC接続:USB接続
・レンズ:50mm
・照明:リング状LED照明
・ステージ:120mmφ
・シャッタースピード:0.05S
・対応シャーレ:18~100mmまで
・サイズ:W350D410H340mm
・重量:17.5kg

コロニー計測ソフト

CCDカメラで撮影したシャーレのライブ映像、または保存した画像のコロニーを瞬時にカウントすることが出来ます。カウントしたコロニーには緑色の点が打たれ、識別が容易です。カウントしたコロニーの位置情報と面積情報も測定しています。

DOT1 : ドットカウンター(変異原性試験用)

コロニー計測ソフトに加えて標準でカウントデータをエクセルに転送する処理ソフトが付いています。別売(オプション)の変異原処理ソフトを使用すればカウントと同時にコロニー数をそのまま入力フォームに記録して同時に報告書とグラフも作成いたします。測定エリアの面積補正や数え落とし補正に対応した補正式をプログラムに組み込みます。
さらに別売(オプション)でGLP対応ユーザー向けの変異原処理ソフトの販売もあり、こちらはそれぞれのユーザー様向けにカスタマイズいたします。
変異原性処理ソフト

DOT2 : ドットカウンター(阻止円解析用)

阻止円の長軸と短軸の長さを測定します。阻止円計測ソフトの他に阻止円解析処理ソフトが付いているので測定結果をエクセルベースの結果表に自動で登録できます。

[内容]
■ドットカウンター
■阻止円計測ソフト
■阻止円解析処理ソフト
ドットカウンター(シャーレ専用)

DOT3 : ドットカウンター(単層細胞密度用)

シャーレ上の細胞の数をコントロールと比較して%で測定いたします。モノセレーターと呼ばれる装置と同様な測定が可能です。データーを記録するエクセルベースのデータ転送ソフトが標準で付属します。

[内容]
■ドットカウンター
■単層細胞密度測定ソフト
■エクセルへのデータ転送ソフト
ドットカウンター(シャーレ専用)

DOT4 : ドットカウンター(食品検査用)

食品検査用のドットカウンターには高解像(500万画素)のCCDカメラを使用し微細コロニーも測定できる仕様になっています。また菌によって測定条件が変わってくるため測定条件をサンプルの種類ごとに登録することができます。

[内容]
■ドットカウンター
■コロニー計測ソフト
■エクセルへのデータ転送ソフト
ドットカウンター(シャーレ専用)

ドットカウンター(シャーレ専用)

カタログNo. 品名 仕様 価格(税抜) 在庫数  
DOT1 ドットカウンター 変異原性試験用 1,200,000 *** お問合せ
DOT2 ドットカウンター 阻止円解析用 1,200,000 *** お問合せ
DOT3 ドットカウンター 単層細胞密度用 1,200,000 *** お問合せ
DOT4 ドットカウンター 食品検査用 1,200,000 *** お問合せ

関連商品

プレート用ドットカウンター(6/12/24プレート用)

販売価格(税抜): 1,300,000~1,500,000 円